第72回日本酸化ストレス学会学術集会にて、シンポジウム1を企画・開催・発表しました。2019.6.27

2019年06月28日 尾崎研究室/ 生体応答制御医学分野/

第72回日本酸化ストレス学会学術集会が、6月27日28日の両日、北海道立道民活動センターにて開催され、シンポジウム1「酸素が糾う病態と疾患 -細胞死・傷害、炎症、再生、代謝-」を企画・開催しました。その際、以下の発表を行いました。

尾崎 倫孝、芳賀 早苗、森田 直樹、小澤 岳昌 「肝虚血・再灌流、酸化ストレスと細胞死(臓器傷害)とその制御 -マウス肝における虚血再灌流傷害進展の分子機構 -」 

シンポジウムでは、久しぶりに京都大学(現関西医大)の広田先生、岡山理科大学の川端先生と会うこともでき楽しくシンポジウムを進めることが出来ました。早稲田大学からは合田先生にご講演いただき、大変勉強になりました。さらに、長らくご挨拶できていなかった岡田茂名誉教授にも久しぶりにお会いすることが出来ました。(尾崎) 

     

 

 

 

 

 

 

大連医科大学にて講演しました(尾崎)。2018.12.7

2018年12月11日 尾崎研究室/

中国・大連の大連医科大学にて講演を行いました。12月6日夜遅くに大連に到着し、翌7日午前に大学本部を訪れ国際交流本部のLi教授他の方々に挨拶し、今後の交流に関して議論しました。その後、招待してくださったWu先生と研究センターの他の先生方、大学院生の皆さんに、肝臓のストレス、傷害、生体イメージングに関する講演を行い、その後長時間にわたりいろいろと議論しました。今回は、産総研・森田先生も講演を行いましたし、伊敏先生、芳賀先生も同行し、日中の友好を深めました。8日に帰国する予定が、大雪のため(といっても札幌ほどではないのですが)飛行機が大幅に遅れ、一日仁川国際空港で足止めとなり、翌9日に帰札しました。良い思い出となりました!

鹿児島大学・消化器外科 前村公成教授に「膵臓疾患の最新治療」に関する講義をしていただきました。2018.12.10

2018年12月11日 尾崎研究室/

以前、Johns Hopkins大学医学部にて一緒に研究していた鹿児島大学・消化器外科 前村公成教授をお招きし、講義をしていただきました。膵臓疾患の最新治療について、最新の試みをご紹介いただきました。

その後、夜は久しぶりに一緒に食事をして、懐かしい話に花が咲きました。

 

第29回プロメテウスの会(北海道旭岳温泉)が開催されました(2018年10月20日)。

2018年10月22日 尾崎研究室/ 研究室イベント/ 生体分子・機能イメージング部門/ 生体応答制御医学分野/

第29回日本肝臓医生物学研究会が、北海道旭岳温泉にて開催されました。今回は、旭川医大・西川先生の主催で開かれ、旭岳の温泉宿にて開かれ、これまで同様に楽しく活発な意見交換がなされました。