20数年ぶりの再会(2022.7.1)

2022年07月04日 尾崎研究室/ 生体分子・機能イメージング部門/ 生体応答制御医学分野/ 研究室イベント/

金沢で開催された「がん分子標的治療学会」にて、阿部先生とお会いしました。20数年ぶり!

共に創成期の肝移植医療に携わっていました。お互いに歳を重ねて少しは変わったようですが、本質的にはあまり変わらないようでした。阿部先生は富山にて開業されているので、今後たまには北陸にも来ようかなと思います。(尾崎)

新しい卓上型蛍光顕微鏡を購入しました(2021.11.19)。

2021年11月19日 尾崎研究室/ 生体分子・機能イメージング部門/ 生体応答制御医学分野/

現有の蛍光顕微鏡が老朽化してきましたので、新たに卓上型の蛍光顕微鏡を購入・設置しました(KEYENCE社製 BZ-X800)。別売りのソフトを使用することで拡張性が高くなるようですが、とりあえずはシンプルな仕様で使ってみようと思います。

 

肝細胞研究会”研究交流”に、総説風論文を寄稿しました(2021.11.9)。

2021年11月09日 尾崎研究室/ 生体分子・機能イメージング部門/ 生体応答制御医学分野/

“肝細胞における低酸素・再酸素化傷害- 光プローブを用いたプログラム細胞死(ネクロトーシス・アポトーシス)の解析 -“というタイトルで、最近の研究成果を纏めたものを寄稿しました(http://hepato.umin.jp/kouryu.html)。

お暇なときに、ご覧ください。

 

研究成果が、Journal of Surgical Research誌にacceptされました! (2021.10.16)

2021年10月16日 尾崎研究室/ 生体分子・機能イメージング部門/ 生体応答制御医学分野/

多くの時間をかけて研究した課題の成果が、Journal of Surgical Research誌にacceptされました(https://www.journalofsurgicalresearch.com/article/S0022-4804(21)00578-3/fulltext)。

肝の虚血・再灌流後の傷害は、長い間necrosisとapoptosisから説明されてきました。しかしながら、近年になり、様々なプログラム細胞死が報告されるようになり、種々の病態への関与に関する研究も盛んにおこなわれるようになり、新たな機序が報告されるようになってきています。

今回の研究は、肝の虚血・再灌流後(あるいは肝細胞の低酸素・再酸素化後)に、どのようなプログラム細胞死が関与し、どのように傷害が進行していくのかを検討したものです。具体的には、necrosis、apoptosisだけでなく、necroptosis、parthanatosがどのような機序とタイミングで傷害の進行にかかわっているかを検討し、その中心にある機序がPoly(ADP-ribose) Polymerase (PARP)というDNA傷害に反応してDNA repairにかかわる分子のover-activationであることを確かめました。

上記のプログラム細胞死は、時間差をもって順次誘導されることを確認していますが、それらがどのように二次的な非感染性炎症につながり傷害の拡大に繋がるのかを今後検討してみたいと思っています。

高橋産業経済研究財団の研究助成に採択されました!(2021.4.7)

2021年04月07日 尾崎研究室/ 活動予定/ 生体分子・機能イメージング部門/ 生体応答制御医学分野/

本日、高橋産業経済研究財団への研究助成の申請が採択されたと連絡を頂きました(初年度200万円)。「光をもちいた深部癌に対する革新的治療法の開発」が研究課題で2年間の予定で研究を進めます。深部癌に対して、様々な”光”と”遺伝子”を組み合わせて、体に優しいがん治療が出来るよう研究していきたいと思います。