保健科学研究院E棟4階にバイオイメージング研究室(E407)が新設されました!

2014年07月31日 尾崎研究室/ 研究室イベント/ 生体分子・機能イメージング部門/

保健科学研究院の研究棟新設に伴い、「バイオイメージング研究室」が新設されました。今後、保健科学研究院では細胞を中心としたイメージング、病態生理の解析を行います。これまでの医歯学総合研究棟6階、7階の研究室では、小動物イメージング、遺伝子解析を中心とした解析を続けます。

The Uehara Memorial Foundation Symposium 2014 “INNOVATIVE MEDICINE” Basic Research and Development

2014年07月23日 尾崎研究室/ 研究室イベント/ 生体分子・機能イメージング部門/

The Uehara Memorial Foundation Symposium 2014 “INNOVATIVE MEDICINE” Basic Research and Developmentが2014/6/15-17に東京で開催されました。
2012年より第8回特定研究「革新的医療を創生する医学研究」が開始されており、選出された研究者の特定研究の成果、また国内外から第一線の研究者が招待され、革新的医療を目指した最先端の医学研究の成果が発表されました。

本シンポジウムでは、

  • 革新的医療を目指す基礎研究
  • 革新的医療のトランスレーショナルリサーチ
  • 革新的な医療技術開発研究

以上3分野の研究が取り上げられ、シンポジウム3「革新的な医療技術開発研究」にて”Development of a New in vivo Optic Probe for Biological Diagnosis and Therapy”と題して、尾崎が発表いたしました。

第114回日本外科学会定期学術集会 パネルディスカッション1「細胞・臓器移植における基礎的研究の最前線」にて発表(尾崎)

2014年04月05日 尾崎研究室/ 生体分子・機能イメージング部門/ 生体応答制御医学分野/

第114回日本外科学会定期学術集会が、平成26年4月3日~5日に京都にて開催されました。
初日のパネルディスカッション1「細胞・臓器移植における基礎的研究の最前線」にて、「光を応用した移植細胞機能・細胞環境のモニタリングと制御の試み」と題して、尾崎が発表しました(国立京都国際会館)。